HOME > News&Topics > 冬のお風呂とヒートショックとリフォーム

冬のお風呂とヒートショックとリフォーム

2016.10.28

秋から冬にかけて寒くなってくるこの季節、お風呂のリフォームのお問合せが一番増える時期でもあります。
在来工法のお風呂は躯体に直でタイルが張ってある為、寒さが直接伝わってしまいます。

また寒さがさらに厳しくなるこれからの季節は、急激な温度変化により、血圧や脈拍が変動する「ヒートショック」が起こりやすくなります。

ヒートショック お風呂 リフォーム 冬

「浴室の寒さ」と「お風呂の熱さ」の温度差による入浴中の突然死の死亡者総数は、交通事故の約4倍にのぼるそうです。
寒いだけでなく、命の危険にまで及ぶ恐れがある冬の寒いお風呂。

先日お問合せを頂いたお客様は、寒さ対策とバリアフリーでご実家のお風呂リフォームを検討されていました。
在来工法からシステムバス(戸建て用のユニットバス)にリフォームすると、体感温度は4~6℃上昇すると言われています。
さらに暖房機能付きの換気扇を用いれば、冬でも暖かくお風呂に入れます。

寒い お風呂 リフォーム

現在のシステムバスは標準がバリアフリー仕様になっており、浴室と脱衣所の段差もなくなり、またバスタブのまたぎも低くなっています。
浴室ドアの付近やバスタブ横に手すりを取り付ければ、高齢の方にも気持ち良くご使用頂けるお風呂になります。

お風呂 リフォーム 手すり

 

 

 

 

 

しつこい勧誘は一切しません。
まずはご相談ください。

03-6419-3030

受付時間:平日9:00~18:00

ご相談・お見積り依頼